×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







解説
『桃太郎伝説外伝』について


紹介
【通常版】
発売日:1991年12月26日 機種:ゲームボーイ 価格:4500円
発売日:1992年12月4日 機種:PCエンジン 価格:6500円
発売日:1993年12月17日 機種:ファミコン 価格:6800円
【桃太郎コレクション2】
発売日:1996年12月06日 機種:ゲームボーイ 価格:3980円
(『桃太郎電劇2』とカップリング)

桃伝シリーズのサブキャラを主人公にした外伝です。
3本の短いシナリオで構成されていますが、
戦闘システムなど、それぞれ違った持ち味があり、やり応えは十分です。
ストーリー的には『桃伝U』の後の話となっており、
各キャラクターの戦闘スタイルや、登場する術や敵などの設定は
後の『新桃太郎伝説』にも活かされています。

最初はゲームボーイで発売され、
翌年にPCエンジン、翌々年にはファミコンに移植されました。
(クオリティー的にはPCエンジン版が一番オススメです)
ゲームボーイでは'96年12月6日に『桃太郎コレクション2』というタイトルで、
『桃太郎電撃2』とのカップリングで復刻発売されました。

PCエンジン版のタイトルには「第1集」と付いていますが、
今だに「第2集」は登場していません(T_T)
魅力
3つのシナリオを選べる
 用意された3本のシナリオから好きに選択して遊ぶ事ができます。
 ドラクエWのように、最終的に合流したりというのは残念ながらありません。
キャラクターがいろいろ
 個性的な仲間キャラクターが全部で14人(GB版では12人)もいます。
 『夜叉姫伝説』ではパーティ入れ替えができるので、結構やり込めます。