×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







解説
『桃太郎伝説』PS版について


紹介
【通常版】
発売日:1998年12月23日 機種:プレイステーション 価格:5800円
【廉価版】The Best for Family
発売日:1999年11月18日 機種:プレイステーション 価格:2800円
【廉価版】PS one Books
発売日:2002年07月11日 機種:プレイステーション 価格:1800円

主に『桃伝T』と『桃伝U』を合体させたストーリーで、
随所にアレンジや新要素が追加されています。

ファミコンやPCエンジンの頃の『桃伝』ファンにとってはなつかしく
『桃鉄』ファンにとっては新鮮な気持ちでプレイできると思いますが、
前作の『新桃』と比べてやり込み要素が少なくなってしまっている点や
高いエンカウント率(敵出現率)に付けてダッシュ機能が裏目に出ている点、
内容が再び低年齢向けのギャグ&ほのぼの系に戻ってしまった点などで
ファンの間では評価が分かれています。
しかし、カード集めや隠しアイテムなどの細かい遊びがふんだんに
盛り込まれていて、十分楽しめる作品ではあります。

Windows用に移植されており、内容は全く同じです。

開発当初は『桃太郎伝説ミックス』という仮タイトルで呼ばれていました。
(さくまにあ仕事日記より)
魅力
威風堂々システム搭載
 弱い鬼が逃げて行く際、心の数とお金を置いていってくれます。
カードシステム搭載
 キャラクターカードをたくさん集めることで、ご褒美をもらえたり
 アルバムに貼ってコレクションする事ができます。
最大58人パーティ
 『桃伝』史上最大のパーティ人数を体験できます。