×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。







解説
『新・桃太郎伝説』について


紹介
【通常版】
発売日:1993年12月24日 機種:スーパーファミコン 価格:9800円
【NINTENDO POWER版】
発売日:1997年以降(詳細は不明) 機種:スーパーファミコン 価格:1050円
(2002年8月31日にローソンでの書き換えサービス終了)

FC版の『桃伝』からの続編。
『桃伝U』のシナリオをベースに、新しく作り直しています。
ギャグ&ほのぼの色が強かった桃伝シリーズから一変し、
和風色、シリアス色が強くなっています。(うんちも消えました)
やり込み要素が高く、何周プレイしても違った楽しみが味わえます。
シリーズ最高傑作といっても過言ではない完成度です。

開発当初は『桃太郎伝説T&U』というタイトルで、
過去作品のスーパーファミコン用リメイク版を作っていたようです。
この時さくまさんの中で『V』のアイデアもすでにあったらしく、
急きょ予定を変更して『U』と『V』のアイデアを混ぜて製作したものが
本作『新・桃太郎伝説』となったそうです。
魅力
パーティ編成が可能
 たくさんの仲間が登場し、桃太郎以外を自由に入れ替えることができます。
アクティブ・ウォーキング搭載
 フィールドや村の中を、パーティが好き勝手バラバラに動き回るという、
 Uの17人パーティに匹敵する見た目のインパクトがあります。
タクティカル・ウェザーバトル搭載
 フィールドでの戦闘は「天気」が存在し、
 天候に応じて戦法を考える楽しさが加わりました。
ヴァリアブル・システム・ストーリー搭載
 重要な場面で、連れている仲間がそれぞれしゃべりまくります。
 パーティ編成する楽しみのひとつです。